ここから本文です。

現在のページ 臨床研修センター >  後期医師臨床研修 >  各診療科の紹介 >  北大病院外科系診療科横断的研修コース(外科オールラウンド研修)

北大病院外科系診療科横断的研修コース(外科オールラウンド研修)

北海道大学病院では,希望する外科系診療領域(食道・胃外科,大腸・肛門外科,肝臓外科,胆道・膵臓外科,消化器移植外科,小児外科,循環器外科,呼吸器外科,乳腺外科)を選択し,1年間で効率よくローテーションする外科系診療科横断的研修コース(オールラウンド研修)を設置しております。
これらの診療領域を担当する診療科に所属(いわゆる「入局」)をしなくとも研修できる非入局型であることが特徴です。

特徴

このコースは次の場合に適しています。
  1. 外科系診療科を志望するが所属が決められない場合
    消化器外科,心臓血管外科,呼吸器外科,小児外科,乳腺外科などの関連専門外科(サブスペシャルティ)の専門医資格を取得するには,まず外科専門医であることが条件となります。外科専門医を取得するには,幅広い領域の症例数の経験実績が条件となり,そのために時間を要します。
    外科系診療科を希望しているがサブスペシャルティを決めかねている場合本研修により各領域で豊富な症例を経験することができ,外科専門医を取得する準備をすすめることができます。
  2. 外科系診療科以外の診療科への入局を志望する場合
    外科系診療科以外の診療科(内科,整形外科,救急,麻酔科など)への入局を志望する研修医がこのコースを選択することによって,関連する外科の知識や経験を修得することで,より専門性を高めることができます。
  3. 初期臨床研修で十分な外科研修ができなかった場合
    初期臨床研修は,プライマリーケアを中心とする幅広い知識や経験の修得を目的としていますが,外科系診療科は新カリキュラムでは必修ではなく選択必修となったことから,ローテーションの機会が減少しました。
    初期臨床研修で外科系診療科を選択しなかったために外科領域の知識・技術に自信を持てない研修医が,このコースを利用して外科研修を行うことができます。

選択領域と担当診療科

選択できる診療領域は,食道・胃外科,大腸・肛門外科,肝臓外科,胆道・膵臓外科,消化器移植外科,小児外科,循環器外科,呼吸器外科,乳腺外科です。 ただし,複数の本院診療科を選択する必要があります。 各診療領域は,次の診療科が担当します。
選択できる診療領域 担当する診療科(講座) 連絡先担当医師
食道・胃外科 消化器外科Ⅱ 土川 貴裕 助教
大腸・肛門外科 消化器外科Ⅰ 本間 重紀 助教
肝臓外科 消化器外科Ⅰ 本間 重紀 助教
胆道・膵臓外科 消化器外科Ⅱ 土川 貴裕 助教
消化器移植外科 消化器外科Ⅰ 本間 重紀 助教
小児外科 消化器外科Ⅰ 本間 重紀 助教
循環器外科 循環器・呼吸器外科 若狭 哲 講師
呼吸器外科 循環器・呼吸器外科 加賀 基知三 診療教授(代表)
乳腺外科 乳腺外科 細田 充主 講師

連絡先メールアドレス:sotsugo@med.hokudai.ac.jp


★外科専門医取得に必要な下記の領域の症例を修得できます。

外科専門医必要経験領域 最低
症例数
領域 消化器外科Ⅰ 消化器外科Ⅱ 循環器 呼吸器 乳腺・
内分泌
(1)消化管および腹部内蔵 50例 食道・胃 34 40
大腸・肛門 102 31
肝臓 117 15
胆道・膵臓 23 120
消化器移植 10
(2)乳腺 10例 100
(3)呼吸器 10例 163
(4)心臓・大血管 10例 255
(5)末梢血管(頭蓋内除く) 10例 2.4 50
(6)頭蓋部・体表・内分泌 10例 10
(7)小児外科 10例 198
(8)外傷 10例 3 2.4
上記(1)?(8)における内視手術 10例 64 83 138

各領域における1年間の手術件数(過去3年間の平均で示しています。)

対象と研修期間

卒後2~4年目のうちの1年間において,2診療領域以上を,それぞれ2~10ヶ月(最大)をひとつの単位としてローテートします。

【対象】

  • 外科系診療科に所属しないが当該診療科での研修を志望する後期研修医
  • 外科系診療科に所属する後期研修医
  • 初期臨床研修医

研修目標

  • 各疾患の外科治療の適応を判断し,適切な治療法を選択できること。
  • 外科治療における基本的処置,手術が実施できること。適切な術後管理ができること。

所属および身分

【所属】

  • 卒後3~4年目のうち,各診療科に所属しない医師は北海道大学病院医員(後期研修医)として卒後臨床研修センターに所属します。
  • 卒後3~4年目のうち,各診療科に所属する医師は各診療科で採用されます。
  • 卒後2年目は,初期医師臨床研修プログラム(外科系診療科重点研修)の中で卒後臨床研修センターと外科系診療科が連携して本研修を実施します。

【身分(卒後3~4年目の場合)】(卒後2年目は初期研修医の身分となります)

職名:医員又は医員(後期研修医)
勤務日数:週4日
勤務時間:8:30~17:00(休憩時間12:15~13:00)
給与:本学就業規則の定めるところにより支給
(時間給単価1,516円,通勤手当,超過勤務手当,休日給,宿日直手当)
社会保険等:有(厚生年金,健康保険,労災保険,雇用保険)
休暇:年次有給休暇,特別休暇(有給・無給)有り(本病院規定による)
兼業:可(研修先診療科と相談のうえ従事)

取得できる専門医・認定医

本コース終了のみで取得できる専門医・認定医はありませんが、外科専門医申請に必要な症例を幅広く一定程度経験することが可能です。

北海道大学外科系診療科横断的研修コース 応募方法および選考方法

毎年12月末日までに,卒後臨床研修センターに申請してください。
診療科の選択及び研修期間は,各研修医の申し出に基づき,各診療科から構成される外科研修プログラム委員会にて審議の上で決定します。
なお,卒後臨床研修センターに所属する後期研修医の定員は毎年度10名程度であり,応募多数の場合には外科研修プログラム委員会において書類選考または面接試験を実施する場合があります。

<提出書類>

<提出先・問合せ先>

北海道大学病院卒後臨床研修センター(総務課卒後臨床研修係)

住所:〒060-8648 札幌市北区北14条西5丁目
電話:011-706-7045
FAX:011-706-7051
E-mail:sotsugo@med.hokudai.ac.jp

コーディネーターからのメッセージ

ある意味良いことではあるのですが,特に大学病院では外科系診療内容がより専門化・細分化される傾向にあって,外科研修の初期の段階で一つの診療科で広い範囲を研修することがやりにくくなっています。
そこで設定したのが,サブスペシャリティ専門医取得のため必須である外科専門医を要領よく取得できるよう,複数の診療科をまたぐこの横断的研修コースです。 外科系診療科をめざしているみなさんは,なるべく早い時期に所属科を決定することが望ましいと考えますが,一生(とは限りませんが,少なくとも長期間)を左右することを決め難い,というのも事実です。
また,内科医や外科診療科以外をめざすみなさんは,自分の専門以外の領域を知っておくことは将来の専門性の向上に必ずや役立つものとおすすめします。また,それができ るのは専門科に入る前だけです。
北海道大学が誇る外科系診療科全体によるサポートが可能なこのコースをどうぞご利用ください。
松居喜郎

お問い合わせ

北海道大学病院 臨床研修センター

ページの先頭へ戻る