ここから本文です。

現在のページ 臨床研修センター >  臨床研修センターについて >  病院長あいさつ

病院長あいさつ

写真:病院長近影 北大病院独自の研修プログラムで、専門性と一般性を兼ね備えた真に実力のある医師を育成していきます。 北海道大学病院 病院長 寳金清博
北海道大学病院長の寳金清博です。まず、資格を持った医師としての本格的な第一歩の場としてこの北海道大学病院を検討していただいていることに感謝し、心から御礼申し上げます。また、同時に、研修責任者の一人として、大きな責任を感じております。

医師研修は、確かな実技を習得し、その基盤となる医学の総合力を臨床で実際の患者さんの診察・診療が可能なレベルにまで高めることが第一の目標です。これは、継続的な生涯学習で達成されることですが、最初の数年間で形成される基礎は、その医師の将来に大きく影響するものです。私自身、卒業直後の数年間で診た患者さん、教えを戴いた先生方、医療の本当の姿を教えてくれた医療関係者の皆さんのことを今でも鮮明に覚えており、その後の長い医師としての生き方を決定づけました。
写真:病院長
有名なローレンツの複雑系の考えでも、初期条件の微細な差が、その後の結果に大きな決定的な差を生みだすことが知られています。医療・医学は典型的な複雑系の科学ですが、皆さんの医師としての研修・成長も典型的な複雑系です。多様な診療科での実技研修、あるいは、医療人・社会人としての人間形成、Mentor, 同僚との出会い。こうした初期研修は、皆さん方の将来に決定的な影響を及ぼします。

北大病院の研修プログラムは、毎年、進化しています。それは、社会や他学と表面的に足並みを合わせるのではなく、北大の提供できる優れた環境を最大限に利用し、また、研修される先生方の個々の進路や希望に沿うようにtailor-madeに限りなく近いものに進化しております。言い換えると、常に改善すべき点を抱えております。皆さん方には、遠慮なく、私達に、研修をより良いものするための御意見をお寄せ下さい。

また、様々な選択肢の中から、大学病院を選択することの重み、あるいは、その意義を是非、体感して戴きたいと思っております。私達もその期待に応えるように、一般病院とは一味違った研修を提供できると思っております。本院は、北海道大学という国内有数の教育・研究機関の主要な一員です。平成24年度、本院は、臨床研究中核病院、小児がん拠点病院に指定されました。そこに求められるものは、丁寧な日常診療に加えて、①高度医療の提供と新治療法の開発 ②難病治療などの最後の砦としての機能など、地域や社会、あるいは、国・世界からの高い期待に応えること、そして、将来の医療を支える“人”を育成する役割です。

是非、皆さん方には、初期研修の段階から、日々の実学研修は当然のことながら、北海道大学の建学の精神である、高い志を持ち、大成への第一歩をこの北海道大学病院での研修からスタートさせて戴きたいと願っております。

北大病院が、皆さん方の医師人生の最良のスタート地点となることを確信しております。

ページの先頭へ戻る