ここから本文です。

現在のページ 臨床研修センター >  専門研修 >  各診療科の紹介 >  外科領域

外科領域

外科専門研修プログラム

専門研修の評価


専攻医研修マニュアル
専攻医研修手帳
外科領域専攻医評価表_実績記録

(1) フィードバック(形成的評価)
専攻医の研修内容の改善を目的として、研修中の不足部分を明らかにしフィードバックするために随時行われる評価です 。
(2) 研修修了判定(総括的評価)
専攻医の専門研修プログラム修了認定のために行われる評価です。
(3) 評価の責任者
3年の専門研修修了時に修了判定のプロセスに従い修了判定を行い、評価の責任は専門研修プログラム統括責任者が担います。
(4) 修了判定のプロセス
専門研修プログラム修了時に、研修プログラム管理委員会が専攻医の知識、スキル、態度それぞれについて審査します。専門研修プログラム統括責任者がその結果を参照し総合的に修了判定の可否を決定します。知識、技能、態度のひとつでも欠落する場合は専門研修修了と認められません。
(5)   予備試験(筆記試験)の申請
予備試験の申請は日本専門医機構外科領域認定委員会に提出します。
①   受験資格 :
外科専門医研修期間を2年以上経過している。
②   試験内容 :
到達目標1(専門知識)、到達目標2(専門技能)、経験目標1(経験症例)について多肢選択式問題による試験を研修修了後に行う。計110題(上部消化管+下部消化管+肝胆膵脾:約45%、心臓+血管:約15%、呼吸器:約10%、小児:約10%、乳腺・内分泌:約10%、救急+麻酔:約10%)を出題する。
(6) 認定試験(面接試験)の申請
認定試験の申請は日本専門医機構外科領域認定委員会に提出します。
①   受験資格 :
・   外科専門医研修プログラムを修了している
・   予備試験に合格している
②   試験内容 :到達目標3・4、経験目標2・3について試問する
(7) 専門医の認定と登録
日本専門医機構は、次の各号のいずれにも該当する者を専門医と認定します。
・   日本国の医師免許を有する者
・   認可された専門医機構外科領域専門研修プログラムを修了した者
予備試験、認定試験合格証

 

お問い合わせ

北海道大学病院 臨床研修センター

ページの先頭へ戻る