ここから本文です。

現在のページ 臨床研修センター >  専門研修 >  小児科

小児科

専門研修プログラムの概要

はじめに

ようこそ!北海道大学病院小児科専攻医プログラムへ。

未来を担う子どもたちのために専門医をめざす研修医の皆さんを心から歓迎します。

子どもはおとなのミニチュアではありません。成長・発達の過程にある子どもたちの診療のため、小児科医は、正常小児の成長・発達に関する知識はもちろんのこと、新生児期から思春期まで、また発達段階や年齢によって異なる様々な疾患に対応できる幅広い能力が求められています。

さらに小児科医は、侵されている臓器だけでなく全身の状態に目を配り、身体だけでなくその心も、また本人のみならずその家族もケアしなければなりません。すなわち子どもを全人的に診療する『総合医』としての能力を求められているのです。

そのためには小児科医として必須の疾患をもれなく経験し、疾患に対する基本的な知識と治療法を身につけ、チーム医療を実践し、さらには問題解決能力、安全管理能力、社会資源の活用能力を獲得する必要があります。

また、これらについて小児患者本人のみならず保護者をはじめとした家族へ説明し同意を得るというコミュニケーション技能も身につけていかなければなりません。

本プログラムでは、「小児医療の水準向上・進歩発展を図り、小児の健康増進および福祉の充実に寄与することのできる優れた小児科専門医を育成する」ことを目的とし、一定の専門領域に偏ることなく幅広い研修を提供していきます。

専攻医は子どもを全人的に診療するという基本的姿勢に基づいて3年間の研修を行い、小児科専門医として必要な5つの資質、すなわち、「子どもの総合診療医である」「育児・健康支援者である」「子どもの代弁者である」「学識・研究者である」 「医療のプロフェッショナルである」を備えた医師となることをめざしてください。

本プログラムの特徴

本プログラムの基幹施設である北海道大学病院小児科は、北海道内の核となる医療機関・医育機関として、北海道の各地域の総合病院と手をつなぎ、約80000km2という広大な面積を有する北海道内のすべての子どもに医療を提供する立場にあります。

大学病院は高度な専門医療に対応するため、小児の各サブスペシャルティ領域(細専門領域)にも経験豊富な専門医・指導医を有し、多くの地域の医療関連施設からの相談に対応するとともに、必要時受け入れをおこなっています。

また当科と手をつなぐ16の連携施設は、各地域の中核病院であり、各地域全域の小児患者が集まるとともに、1次から2次、もしくは3次までの救急患者を受け入れる体制も有しているため、小児科医として欠くことのできない救急疾患の対応、急性疾患の管理も十分に研修できる施設群です。すなわち地域の特性と病院の役割に応じて、すべての領域にわたり、もれなく経験できる体制です。

原則、専門研修1年目および2年目は連携施設の一般病棟であらゆる領域の疾患を担当医として経験し、このなかで周産期センター新生児部門での研修も最低1年間行います。北海道では高次機能病院への搬送そのものが距離的にリスクとなったり、家族と遠く離れた療養が困難であることも少なくないため、可能なかぎり各地域の中核病院で医療が完結するよう、地域の小児科医は高い医療水準を求められているのです。2年目は原則1年目とは異なる地域の病院で担当医として研修し、複数の地域の医療体制に触れる機会を得るよう配慮されています。外来での乳児健康診査と予防接種などの小児保健・社会医学の研修と救急疾患の対応もこの2年間で研修します。3年目は大学病院で高度な専門的医療に触れながら、これまでの臨床経験の知識を確認し、不備を補填します。また学会発表や学術論文の執筆などの指導を受け、総まとめとも言える研修を受けます。専攻医の人数により、基幹施設での研修が2年目に早まることもあります。

募集人数

11名
 

専門研修プログラム

北海道大学病院小児科専攻医プログラム
 

プログラム応募手続き

小児科ホームページをご参照ください。
http://www.pediatrics-hokudai.jp/specialist-program.html
履歴書 PDF版
履歴書 Excel版
 

問い合わせ先及び申請書提出先

〒060-8638
札幌市北区北15条西7丁目
北海道大学大学院医学研究科 生殖・発達医学講座 小児科学分野
北海道大学病院小児科専攻医プログラム管理委員会
TEL(011)706-5954
FAX(011)706-7898
e-mail:secretary-ped@med.hokudai.ac.jp
 

ホームページ

北海道大学医学部小児科
http://www.pediatrics-hokudai.jp/specialist-program.html

ページの先頭へ戻る